SO0036
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

自分は代襲相続人かも?代襲相続人の立場で相続する際の確認ポイント

「独身だった叔母さんが亡くなった。相続人となるはずの父はすでに他界しているので、父の権利を子である私が引き継げるらしい。これを代襲相続というらしいが、普通の相続と何か違うのだろうか?」

代襲相続人とは、相続するはずの方がすでに亡くなられていた場合に、本来の相続人に代わって財産を引き継ぐ方のことです。代襲相続人が相続する場合のポイントを当記事ではご説明いたします。

「もしかすると、私は代襲相続人?」という方は本記事を参考にしていただき、代襲相続を正しく理解して相続手続きを進めて頂ければと思います。

1.代襲相続人となるのは本来の相続人の「子や孫にあたる人」

代襲相続とは、本来の相続人はすでに亡くなられているが、その方の権利を引き継ぐことができるお子さん(もしくはお孫さん)がいらっしゃった場合、本来の相続人に代わって相続することです。

万が一、お子さんもすでに亡くなられていて、お孫さんにあたる方がいらっしゃった場合には、その方が代襲相続人となります。

このように、代襲相続する権利は下に移っていきます。配偶者の方や、祖父母にあたる方が、代襲相続人となることはありません。 ごく稀なケースとして、相続欠格(相続に関わる罪を犯した方が相続する権利を失うこと)、または相続の廃除(相続する権利を相手から奪うこと)によって、相続権を失った方の代わりに、代襲相続で相続する権利を引き継ぐ場合もあります。

図1:本来の相続人の子、または孫が代襲相続人となる

図2:代襲相続が発生するケース

※相続欠格について、詳しくはこちらを参考にしてください。(当サイト内)
関連記事

※相続廃除について、詳しくはこちらを参考にしてください。(当サイト内)
関連記事

2.代襲相続人に関する3つのルール

代襲相続人となれる方は、「お子さんやお孫さん」と説明しましたが、だれでも代襲相続人になれるというわけではありません。以下にご紹介する3つの決まりがあります。

2-1.兄弟姉妹の相続では代襲相続人は一代のみ(甥姪まで)

兄弟姉妹の方の相続において、本来の相続人であるお子さん、すなわち被相続人(亡くなられた方)の甥や姪にあたる方が代襲相続人となる場合があります。

万が一、甥姪にあたる方もすでに亡くなられていて、その方にお子さんがいらっしゃったとしても、甥姪のお子さんには代襲相続をする権利はありませんので、相続する権利をそのお子さんは引き継ぐことはできません。兄弟姉妹の方の相続で、代襲相続が発生するのは、甥姪の立場の方までに限ります。

※兄弟姉妹の相続における代襲相続について、詳しくはこちらを参考にしてください。
関連記事

図3:兄弟姉妹の代襲相続は甥姪まで


2-2.相続放棄した方のお子さんは代襲相続人にはなれない

本来の相続人が相続放棄をした場合に、放棄した方のお子さんが代襲相続人になることはありません
相続放棄は「初めから相続人ではなかった」とみなされます。そのため、相続する権利そのものがなかったことになり、代襲相続が発生することはありません。

図4:相続放棄をした方の子は代襲相続人になれない

※相続放棄をして子供が代襲できるかについて詳しくはこちらを参考にしてください。(当サイト内)
関連記事

2-3.養子の子が代襲相続人となるかは生まれた時期で異なる

本来の相続人の方が亡くなられた方の養子であった場合、そのお子さんが代襲相続人となるかどうかは、出生した時期で決まります

養子縁組の前に既に生まれていたお子さんは、亡くなられた養親との間に血縁関係がないため代襲相続人とはなりません。一方、養子縁組の後に生まれたお子さんは、養親との血縁関係があるとみなされ代襲相続人となります。

図5:養子の子が代襲相続人となるかどうかの考え方



3.代襲相続人は本来の相続人の相続分をそのまま引き継ぐ

代襲相続人は、本来の相続人が引き継ぐ権利をそのまま引き継ぎます

法定相続分がそのまま引き継がれるので、代襲相続が起こっても代襲相続人以外の方の相続分が変わることはありません
また、相続財産には借金などのマイナスの財産も含まれるので、代襲相続人は相続財産としてどちらも引き継ぐことになります。

図6:代襲相続人は本来の相続人の権利をすべて引き継ぐ

3-1.孫が代襲相続する場合の相続分

お孫さんが代襲相続する場合の事例で、相続分を考えてみましょう。

図7の例において、長男がご存命だった場合の法定相続人は、長男と長女の2人です。法定相続分は各々2分の1ずつとなります。
本来の相続人である長男が亡くなられ、2人のお孫さんが代襲相続人となった場合の法定相続人は、亡くなられた方の長女とお孫さん2人の計3人となります。

人数は増えますが相続分については、「法定相続分をそのまま引き継ぐ」ことになるため、代襲相続人である2人のお孫さんは本来ご長男(お孫さんのお父さま)が引き継ぐ1/2の財産を等分して各々4分の1ずつ相続します。ご長女の法定相続分は変動しません。

代襲相続で法定相続人の数は増えても、代襲相続人以外の法定相続分は変わりません

図7:法定相続分を代襲相続人の人数に応じて等分に引き継ぐ

3-2.甥姪が代襲相続する場合の相続分

甥姪の立場の方までが、代襲相続になれます。

甥姪の方の代襲相続についても、本来相続するはずの法定相続分をそのまま引き継ぐことに変わりはありません。図8で示すように、独身でお子さんのいらっしゃらない兄弟姉妹の方(叔母さま)が亡くなられた場合、法定相続分は均等です。

甥姪にあたる代襲相続人の方は、その法定相続分をそのまま引き継ぎ、代襲相続人の数でさらに均等に分けることになります
また、お子さんはおらず、配偶者の方だけがいらっしゃる兄弟姉妹の方が亡くなれた場合、配偶者の方の法定相続分は4分の3となり、残りの4分の1を兄弟姉妹の相続人間で分けることになります。

図9に示すように、法定相続人となる兄弟姉妹が2人の場合、4分の1を均等に分け、8分の1ずつ相続することになります。さらに代襲相続となる場合には、その8分の1を代襲相続人の数で分けることになります。

図8:独身・子なしの兄弟姉妹の相続

図9:配偶者あり・子なしの兄弟姉妹の相続

3-3.借金などのマイナスの財産も同様に引き継ぐ

代襲相続人が引き継ぐのはプラスの財産だけでなく借金などのマイナスの財産も含まれます
借金が残されていれば、その借金を引き継がなければなりません。

マイナスの財産が多い場合、相続放棄はできますが、相続発生から3ヶ月以内に所定の家庭裁判所へ申請しなければなりません。期限が短いため、借金の確認は早めにされることをお勧めいたします。

※相続放棄について詳しくは、こちらを参考にしてください。(当サイト内)
関連記事

4.代襲相続人の遺留分の考え方

代襲相続人にも、最低限相続できる遺留分を請求する権利が認められています。

遺言書の内容や、生前贈与がおこなわれたことによって、代襲相続人の相続できる財産が著しく少なかった場合には、「遺留分侵害額請求」の手続きをすることができます。
ただし、代襲相続人の立場の方で、遺留分の請求が認められるケースは、「本来の相続人に遺留分が認められている場合のみ」となります。

※代襲相続人の遺留分について詳しくは、こちらを参考にしてください。(当サイト内)
関連記事

4-1.甥姪が代襲相続人の場合遺留分はない

兄弟姉妹の立場の方が相続人の場合、遺留分を請求することはできません。
よって、甥姪の方が代襲相続人となる場合、同様に遺留分は認められません
本来の相続人である兄弟姉妹の方に、遺留分を請求する権利は与えられていないため、その権利を引き継いでいる甥姪の方も遺留分を請求することはできません。

4-2.本来の相続人が遺留分放棄をしている場合遺留分はない

本来の相続人が、遺留分を放棄する手続きをしていた場合、代襲相続人の立場の方が遺留分を請求することはできません

たとえば、本来の相続人であるお父さまが、多額の生前贈与を受けた理由で予め遺留分放棄の手続きをしていたというような場合です。
お父さまの代襲相続人となったお子さんは、生前贈与を受けていたわけではありませんが、遺留分はすでに放棄されてしまっているので、請求する権利はないということになります。 

※遺留分について、詳しくはこちらを参考にしてください。(当サイト内)
関連記事

5.代襲相続人を含む相続税の計算ポイント

亡くなられた方の財産が相続税の基礎控除額を上回るようであれば、上回った額に対して相続税が課税されます。代襲相続人を含めた法定相続人の数で基礎控除額を計算し、相続財産の合計が基礎控除額を超えた場合には、亡くなられた日の翌日から10ヶ月以内に、相続税の申告及び納税をしなければなりません。

図10:相続税の基礎控除額

5-1.代襲相続で法定相続人の数が増えれば基礎控除額も増える

相続税の基礎控除額は「3,000万円+(600万円×法定相続人の数)」で計算します。
法定相続人の数が増えれば、基礎控除額も増えます

代襲相続によって、法定相続人の数が増えた場合は代襲相続人の数を含めて基礎控除額を計算できます。
代襲相続人が複数いた場合、基礎控除額は増えることになります。

図11:法定相続人の数が増えれば相続税の基礎控除も増える

※相続税の基礎控除について、詳しくはこちらを参考にしてください。(当サイト内)
関連記事

5-2.相続放棄をしても法定相続人の数に含める

代襲相続人が相続放棄をすると相続人としての権利がすべてなくなりますが、相続税を計算するときの基礎控除額の法定相続人の数には「含めて計算する」ことができます。
たとえば、代襲相続人を含めた法定相続人の数が4人の場合、代襲相続人となった孫のうち1人が相続放棄をしたとしても、法定相続人の数は4人のまま計算し、基礎控除額は5,400万円となります。

図12:相続放棄しても法定相続人の数に含める

5-3.甥姪が代襲相続人の場合相続税は2割加算

「孫は相続税が2割加算になる」とお聞きになったことはありませんか。

相続税が2割加算となるのは、本来の相続人が存命にも関わらず、遺言書などで「孫に相続させる」と指定していた場合です。
代襲相続によってお孫さんが相続する場合には、2割加算の対象にはなりませんので安心してください。

しかし、兄弟姉妹の相続人の方が相続税の2割加算の対象となるように、その方の代襲相続人である甥姪の方が相続税を納める場合、2割加算の対象となりますので十分注意してください。

図13:甥姪の相続税は2割加算

※相続税の2割加算について、詳しくはこちらを参考にしてください。(当サイト内)
関連記事

6.まとめ

代襲相続人の条件や、代襲相続に関する考え方について、ご理解いただけましたでしょうか。

代襲相続人は本来相続するはずだった方に代わり相続人となり、その方の権利をそのまま引き継ぎます。
代襲相続によって、ほかの相続人の方の法定相続分が変わるようなことはありませんが、代襲相続で法定相続人の数が増えた場合、相続税の基礎控除額も増え、相続税額に影響が生じる可能性があります。

また、甥姪の方が、代襲相続人となり、相続税を納める場合には、相続税の2割加算の対象となりますので、注意が必要です。
代襲相続する場合、普段あまり顔を合わせない方とともに、煩雑な相続手続きを進めなければならず、感情的にも配慮する必要があったり、通常の相続とは、また違った苦労があると思われます。

相続税がかかるような場合であれば、申告期限などから考えても、急がなければならないことが多く、短期間ですべてをまとめることは非常に難しいと思います。
困難の度合から考えて、専門家の力が必要と判断される場合には、早めにご相談されることをお勧めいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで最新情報をチェック

コメントを残す