財産評価 | 個人向けサービス | OAG税理士法人のサービス
セカンドオピニオンサービス 個人向けサービス

財産評価

財産評価によって相続税額が大きく変わります。

相続税は、土地や建物、非上場株式等の評価額によって相続税額が大きく変わります。申告期限から5年以内であれば、払い過ぎた相続税の還付を求めることができます。

CASE STUDY ケーススタディ

CASE. 財産の評価方法について
相続税額の計算にあたっては、相続財産を評価することから始まります。調査した財産や債務の評価金額をもとに、相続税額を計算します。相続財産の評価方法は財産の種類ごとに詳細に定められており、それに従って計算する必要があります。
CASE. 土地の評価は複雑
土地は、大きさ、計上、接道しているかどうかなど、評価方法の個別性が強い財産のひとつです。これらの要素が減額できるポイントとなり得るか一つ一つ確認する必要があります。このように土地の評価は複雑なので、知識や経験が不足していると、減額できるポイントを見逃してしまいます。
CASE. 非上場株式の評価について
非上場株式については、相続人の会社経営への影響力の有無により評価方法が異なります。主に原則的評価方式が採用されることが多いものの、会社の規模によりさらに細かく評価方式が分かれており、複雑な仕組みとなっています。

SERVICE POINT サービスの強み

  • 最善の解決策へ導く豊富な知識と経験
  • 相続税専門税理士の知恵とノウハウ
  • 案件に応じたチームを編成

CONTACTお問い合わせ

OAG税理士法人は、皆様と共に考え共に成長するベストパートナーです。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら