申告書見直し | 個人向けサービス | OAG税理士法人のサービス
セカンドオピニオンサービス 個人向けサービス

申告書見直し

相続税もセカンドオピニオンが必要です。

決められた期間内に被相続人のすべての財産関係を調べることは、大変困難な作業です。限られた時間内では、的確な判断や選択ができているとは限りません。税額が多額になる相続税だからこそ、複数の税理士が関与するセカンドオピニオンが必要です。

CASE STUDY ケーススタディ

CASE. 税理士には専門分野があります。
例えば、土地の評価では、都市計画法、建築基準法や借地権・賃借権等の第三者の権利が付着しているかどうかで、大きく評価額は異なります。相続税だけでなく、関連する分野についての知識や経験を持つ税理士でなければ税額を軽減する制度を最大限に適用できません。
CASE. 相続税を軽減するための特例や
制度の適用
相続税の申告はそれぞれの財産の評価や特例適用可否の判断等、専門家によっても意見が分かれることが多々あります。相続税の申告書を検討し、複数の専門家の意見をお伝えします。
CASE. 土地や非上場株式の評価
土地や非上場株式の評価は複雑になりがちです。土地の評価や非上場株式の評価の部分だけを見直してほしいというご要望にもお応えします。すでに、専門家へ依頼している方、相続税額が適正な金額なのか不安を感じている方へも、セカンドオピニオンを実施しています。

SERVICE POINT サービスの強み

  • 複数の税理士がクロスチェック
  • 税額に大きく影響する知識と経験の差
  • スピーディーな対応

CONTACTお問い合わせ

OAG税理士法人は、皆様と共に考え共に成長するベストパートナーです。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら