立入検査の事前診断 | 非営利法人・業種特化 | OAG税理士法人のサービス
公益法人(社団・財団)向けサービス 非営利法人・業種特化

立入検査の事前診断

立入検査のポイントを明確にした支援をします

公益法人への立入検査は、3年ごとを目途に実施することとされています。公益認定審査時の監督担当官への申し送り事項等、定期提出書類、変更の届出、報告徴収で得られた情報、外部から提供された情報等をもとに、法人運営の実態や公益目的事業の状況について重点的に検査が行われます。専門家の事前診断に基づく課題抽出・改善アドバイスにより、万全の体制で検査に臨めるよう事前準備から当日の対応方法について支援します。

CASE STUDY ケーススタディ

CASE. 立入検査が効率的に終了した例
公益目的事業について、ガイドラインや事業報告書の記載内容との整合性のほか、理事会議事録の決議事項、諸規程の運用状況を事前に確認し法人全体として対応方針を進めることができたため、検査当日は大きな指摘もなくスムーズに終了することができた。

SERVICE POINT サービスの強み

  • 非営利法人に特化したチーム体制
  • お客様のニーズに対応した業務委託
  • 公益法人への豊富な支援実績

CONTACTお問い合わせ

OAG税理士法人は、皆様と共に考え共に成長するベストパートナーです。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら