セグメント分析・固定資産台帳活用 | 自治体・公営企業向けサービス | OAG税理士法人のサービス
地方公会計支援サービス 自治体・公営企業向けサービス

セグメント分析・固定資産台帳活用

公会計を各種計画や予算編成に繋げます

「公会計は一体何の役に立つのか?」。私どもがお客様からよく聞かれるご質問です。それに対して、私どもはこのようにお答えします。 「公会計で作成される財務書類は、自治体様が自らの財務状況を多面的に確認し、さらに住民や議会にも分かりやすく説明する上で有用な情報です。ただし、さらに公会計をベースに踏み込んで次の分析・活用を行うことで、公会計は自治体運営に不可欠なものになるのではないでしょうか。」と。弊社では、地方財政の知見にも精通した公会計スペシャリストによる専任チームが、次の業務を全面的に支援します。

・セグメント分析(施設別・事業別)
・固定資産台帳の活用(公共施設等整備計画・個別施設計画等への展開)
・財政計画の策定

セグメント分析・固定資産台帳活用のサービスメニュー

  1. セグメント分析(施設別・事業別)

    施設別もしくは事業別といったセグメントに区分した財務書類もしくは行政コスト計算書を作成し、セグメント別に財務状況や業務の効率性等の判断に役立てることが可能となります。自治体様の目的を踏まえ、精緻で効果的なセグメント分析の実施を支援します。

    このようなお悩みを解決
    • セグメント分析に興味があるが、やり方が分からない
    • 施設別や事業別のセグメント分析を予算編成に役立てたい
  2. 固定資産台帳の活用支援

    せっかく整備した固定資産台帳を活用することで、公共施設等整備計画や個別施設計画における基礎数値として、将来の更新費用やライフサイクルコストの計算等に役立てることが可能となります。自治体様の目的を踏まえ、効果的な公共施設管理計画や個別施設計画の策定を提案・支援します。

    このようなお悩みを解決
    • 公共施設等総合管理計画等に公会計情報を有効活用したい
    • 固定資産台帳と基礎数値を連動させて計画を策定したい
  3. 財政計画策定支援

    財政の持続性は、多くの自治体様における最重要課題であると考えられます。公会計の情報を活用し、将来の財源や事業費、資産、負債の状況を推計していくことにより、適切な財政計画を策定することが可能となります。自治体様の目的を踏まえ、精緻で効果的な財政計画の策定を支援します。

    このようなお悩みを解決
    • 財政計画に資産情報や負債情報を織り込みたい
    • 多角的な検討により、持続可能な財政計画を策定したい

CASE STUDY ケーススタディ

CASE. 施設別セグメント分析を行い、
適切な施設配置を検討したい
例えば、公民館や図書館の適正配置を検討したい場合に、個々の公民館や図書館ごとに行政コスト分析を行い、利用状況等と対比して分析することで、これらの施設の再配置案の検討に繋げることが可能となります。
CASE. 個別施設計画に公会計情報を
活用したい
例えば、教育施設の個別施設計画を策定するにあたり、施設別の貸借対照表や行政コスト計算書情報を活用することにより、施設別の財務推計や財政目標設定に役立てることが可能となります。
CASE. 資産情報や負債情報を含めた
中長期財政計画を策定したい
従来の官庁会計ベースによる収支に加えて、将来の建設事業等を反映した資産情報や負債情報を加味することにより、より精緻な財政計画の策定や財政目標の設定に繋げることが可能となります。

SERVICE POINT サービスの強み

  • 公認会計士責任の下、活用方法を提案
  • 幅広い活用目的に対して柔軟に対応
  • 公会計・地方財政の専門チームが対応

CONTACTお問い合わせ

OAG税理士法人は、皆様と共に考え共に成長するベストパートナーです。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら