OAG税理士法人ロゴ
元気とユーモアで明るく頑張りましょう
SitemapEnglish

OAG
お客様専用ダイヤル 03-3237-7500
 
 
  コラム目次へ

勇気・元気・ユーモア

<2017年12月号>
 
     
 

   今年1年を振り返って、皆様はどの様な1年でしたか。

   私は落ち着きの無い状態で、何か「もやもや」した1年でした。「もやもや」だからといって、眠れないということも無く、日々楽しく、明るく元気に過ごせた1年でした。これもひとえにお客様のお陰だと、感謝しております。有難うございました。

   しかし、ちょっとした落ち着きの無さは、何故なんでしょうか。それは我々の生活全般(経済活動はいうに及ばず、全てのもの)が、大きな転換点に差しかかっており、出口の見えにくい状況にあるからでしょう。いくつか、例示してみましょう。

その1:我が国の中央集権的国家体制が制度疲労を起こしていること
   (国はそれを補うために1,000兆円を超える借金をしている)

その2:知価社会になったにもかかわらず、工業社会の教育制度から転換できな
    いこと
   (記憶力中心で、問題解決型や個性発揮型の教育制度になっていない)

その3:日本の伝統的な価値観だけでは通用しなくなってしまったこと
   (出過ぎない=横並び主義、実績主義、前列踏襲主義は世界的には非常識
   とされるに至った)

その4:インターネット、科学技術が大進歩を遂げ、より一層歩みを速めている
    こと
   (インターネットは地球を小さくし、時差を無くし、誰でも何でも知るこ
   とができるようになり、科学技術の大進歩は人間の頭脳を超えるコンピュ
   ータを作りつつある)

   ざっと以上のような理由でしょうか。

   さて、このような落ち着きの無い状況は、経営者にとって大チャンスの時代だと思うんです。自ずと緊張させられますし、差別化しないと置いていかれそうだし、船でいえば操船(船長)次第で、安全航海も可能です。

   来年も、凪の状態は予想されません。勇気と元気とユーモアで明るく頑張りましょう。

        

 
 

 

OAG税理士法人 代表社員 税理士 太田 孝昭 著

※広報誌「春夏秋冬」掲載

 
 


コラム目次へ
 

 
個人情報保護方針個人情報の取扱いお問い合わせ
copyright (c)2007 OAG Certified Public Tax Accountant's Corporation