OAG税理士法人ロゴ
ソフトを活用して税務の計算を自社で行い、その確認を顧問税理士にお願いすれば、決算の早期化は図れます。
SitemapEnglish

OAG

お客様専用ダイヤル 03-3237-7500

「税務の自計化」について

「税務の自計化」とは?

税務業務については顧問税理士丸投げ状態で、手薄な会社が多いです。
実際、申告書作成方法についてアンケートを行ったところ、6割の会社が顧問税理士に税務業務を丸投げ状態でした。
「税務の自計化」とは、税務担当者を自社に配置して税務業務を強化する取り組みです。
優良な企業から徐々に自社で申告書を作成し、顧問税理士にはチェックと押印だけを依頼するケースは増えつつあります。
他社よりも早く「税務の自計化」に取り組んで、差別化を図りましょう!

 

「税務の自計化」のメリット

法務面については、法務部や法務担当がいる会社は、契約時などで優位に立てます。
それと同様、税務面についても社員を育成して税務スキルを向上させることにより社内で税務体制が構築され、今後の税務調査対策が事前にできます。
また、社内に専門の担当がいることにより税務業務の品質が向上し、将来的には税務戦略も社内で立案することができるようになります。
その他にも、コスト削減、決算早期化による業務効率などのメリットがあります。
税務面での自立(顧問税理士依存からの脱却)が会社の成長のステップアップの一つです。

 

「税務の自計化」の導入事例

K社(年商13億円、従業員80名)の場合

許認可事業のため決算申告時に提出する資料が多い…
申告書を手書きで作成しているため、業務が非効率…

ソフトを導入したことにより資料作成時間を短縮でき、他の業務に時間をあてることができるようになった。

O社(年商86億円、従業員200名)の場合

経理や財務の知識はあるが税務が苦手…

ソフトに入力する箇所はある程度決まっているので、意外にも簡単に申告書を作成することが出来た。
また、早めに税務の自計化を進めたことにより社内で体制構築。

C社(年商6億円、従業員40名)

顧問税理士が高齢のため、今後の体制が不安…

丸投げであった税務業務を自社で担うことにより、今後の体制についての心配がなくなった。
また、担当者のスキルアップにもなった。

 
個人情報保護方針    個人情報の取扱い   お問い合わせ
copyright (c)2007 OAG Certified Public Tax Accountant's Corporation