OAG税理士法人ロゴ
「一人精鋭」は成長を促します。
SitemapEnglish

OAG
お客様専用ダイヤル 03-3237-7500
 
 
  コラム目次へ

一人精鋭

<2016年11月号>
 
     
 

 多くの経営者に共通の話題といえば、自社の人材のリソース(資源)でしょう。何故なら、すべての企業には「見える課題」と、それを解決するには「人が必要」なのだという極めてありふれた理由があるからです。特に、成長意欲の高い企業であればあるほど、人材難は当然の課題になってきます。

 経営者なら、誰しも精鋭を育てたい、ないしは早く一人前にして、戦力化したいと熱望します。けれども、なかなかそうはいきません。企業の競争力の源泉は「人材力」に尽きますし、人材力を増すことが競争力の強化につながると分かっていても、簡単には手を付けられないというのが中小企業の悩みでしょうか。

 何しろ、お金が掛かります。その上、強化する方法もいろいろあって、何が正しいのかよく分からないという事情もあります。

 そこで、お金も掛からないし、誰にでもできそうなのが「一人精鋭」です。

 優れた者だけを揃える少数精鋭主義は、中小企業にとっては極めて贅沢なことです。そもそも、優れた者なんて、一人もいないかもしれないんです。しかし、戦いには勝たなければなりません。また、並の人で戦って勝ってこそ、作戦勝ちといえるのです。

 因みに、普通の人でも少数に絞ると、精鋭化し始めるという「新少数精鋭主義」なるものがあります。少数にすることが精鋭を生むという理屈です。

 例えば、大人数の会議だと、頭が休んでいる出席者はかなりの人数にのぼるのではないでしょうか。プレゼンテーションでも、主担はそれこそ頭のアンテナを針ねずみの様に立てて緊張しますが、副担だとそうでもないでしょう。そんな経験は、ありませんか。

 人は、責任を負うことが緊張を生み、それが成長を促します。人は責任のフロント(最前線)にいてこそ成長するんです。そこでいち早く成長を促す仕組み、それが「一人精鋭」です。2人一組のペア体制は、1人をコピー取りにしかねません。

 責任の大きい小さいはともかく、責任を持たせること、自分で考える癖をつけること、頼るべきは自分だけだと教えること、それらをまとめると「一人精鋭」になるんだと思います。

 「一人精鋭」には、リスクが付きまといます。最初は効率が落ちるかもしれません。失敗も許容しなければなりません。

 放任と混同しないで下さい。ウォッチすることは大切です。フォロアーも必要です。とにかく「一人精鋭」は成長を促します。全てが良い訳ではありませんが、人材育成の要諦のような気がします。

 
 

 

OAG税理士法人 代表社員 税理士 太田 孝昭 著

※広報誌「春夏秋冬」掲載

 
 


コラム目次へ
 

 
個人情報保護方針    個人情報の取扱い    お問い合わせ
copyright (c)2007 OAG Certified Public Tax Accountant's Corporation