OAG税理士法人ロゴ
2週間食べないと体重は落ちるでしょうが、日常の活動くらいは何とかなりそうです。
SitemapEnglish

OAG
お客様専用ダイヤル 03-3237-7500
 
 
  コラム目次へ

断食=非日常

<2012年7月号
 
     
 


かねてから断食に興味があり、経験したいと念願していたところ、友人からの誘いがあったものですから、「ホイ来た」と乗った次第です。

場所は伊東で、石原結實さん主催の『ヒポクラティック・サナトリウム』という施設です。私は5泊6日のコースに参加したのですが、原則、朝・昼・晩と人参ジュース3杯ずつは飲むことができます。断食とはいってもジュースが飲めるのですから、正確に断食といえるかどうかは分かりませんが、固形物は一切食べず、アルコールも絶って、数日間過ごします。

当初の予測では「大変ひもじい思い」をするのだと覚悟していたんですが、たいしたこともなくて、誰にでもできるほど簡単だと思いました。それでも、病気以外で食事をしないという生活は初めてで、大変得難い経験になったことは確かです。

とにかく時間だけはあり余るほどありますから、散歩をしたり、ゴルフをしたり(ゴルフは何の問題もなくできます)、本を読んだり、温泉に入ったり。のんびりとした自分だけの時間を持つことができました。

このジュース断食で分かったのは、1週間、2週間ほどなら、ジュースだけで充分やっていけるということです。大震災などがあって食料が手に入らなくても、塩・砂糖・水さえあれば大丈夫という自信。これは、大変貴重なものです。

2週間食べないと体重は落ちるでしょうが(私は5泊6日で2kg落ちました)、日常の活動くらいは何とかなりそうです。人は飢えに弱くて、どうしても食べ過ぎてしまいがちですが、ジュース断食のお陰で、いざという時の自信がついたことが最大の収穫でした。

われわれの生活は、ややもすれば時間に追われ、仕事に追われるきらいがあります。その日常を断ち切るためには、遠くの海外に旅行するのもいいでしょうが、仲間を集めて近場でジュース断食も結構面白いですよ。ゴルフができる友人4人ないし8人と過ごす。最高です。

大人4人が集まれば、新しい価値を生み出します。何しろ話題は尽きず、夢は膨らみますからね。

 
 

 

OAG税理士法人 代表社員 税理士 太田 孝昭 著

※広報誌「春夏秋冬」掲載

 
 


コラム目次へ
 

 
個人情報保護方針    個人情報の取扱い    お問い合わせ
copyright (c)2007 OAG Certified Public Tax Accountant's Corporation