OAG税理士法人ロゴ
お客様をどうしたら獲得出来るのか。
SitemapEnglish

OAG
お客様専用ダイヤル 03-3237-7500
 
 
  コラム目次へ

お客様は成長の鍵

<2012年2月号
 
     
 


厳しい寒さの増すなかで31年ぶりの貿易赤字とか、増税だとか、生活保護者の増加とか暗い話題ばかりが目立っていますが、会社経営にとって明るい話題と言えば、新規お客様の獲得、売上増、お客様の喜ぶ顔なんでしょう。

売上と利益ほど会社経営者に勇気を与えるものを私は知りません。こんな時だからこそなおさら言えるのですが「お客様が全てだ」と心から思います。

さてそんな素晴らしいお客様は我々(個人)に何を与えてくれるのでしょうか。

(1)お客様は「生きる糧」を下さいます。
(2)お客様は良い仕事をすれば感謝し「誉めて」くれます。
(3)お客様は駄目な仕事をすれば去ってくれます(叱ってくれます)。

このように人の成長に必要な(1)糧、(2)誉、(3)叱責、全てを与えてくれます。

仕事をする全ての人はお客様によって成長させられ、お客様なくして人の成長はありえないと言っても言い過ぎだとは思いません。そのお客様をどうしたら獲得出来るのか。

(1)期待を超えるという事
お客様は誰しも自分の価値観によりますから、ある期待をしてそのサービス・物を購入します。そして期待通りだと満足してくれますが、他人に言いふらしてはくれません。期待を超えたサービス・物であれば感激し、人に話したくなるし、話してくれます。私達もそのようにしていることからこれは当然のことだと思います。

(2)魅力的になる
物を売る仕事であれ、サービスを売る仕事であれ、人から人へのコミュニケーションで成立します。従ってポイントは人として魅力的になるという事が不可決ではないでしょうか。それには自分に対する投資をするしかない、能力を磨き続けるしかありません。勉強する、それもそうでしょう。しかし勉強だけではないとも思います。

(3)情報発信する
お客様にとって我々が何を持っているかは分かりませんし、それほど興味も持ってくれません。お客様にとって受けたサービスが全てのサービスです。自分を評価してもらうには、情報発信をするしかありません。

お客様が何を欲しがっているかを感じたり聞いたりしなければなりません。お客様が欲しがる情報に敏感になるしかありません。そして面倒がらず発信すべきなのです。余計なおせっかいをやいて嫌われても、その方が情報発信力は高まりますし、余計なおせっかいと叱られたら次にはしなければ良いだけです。

このように我々を成長させてくれる「鍵」は「お客様」です。このお客様を獲得するのは個人の努力以外なさそうですし、才能はさして必要ないかもしれません。ひたすら自分の成長を目指し努力する。これが才能と言えるかもしれませんね。となると、「言うは易し、行う難し」という言葉が身にしみます。

 
 

 

OAG税理士法人 代表社員 税理士 太田 孝昭 著

※広報誌「春夏秋冬」掲載

 
 


コラム目次へ
 

 
個人情報保護方針    個人情報の取扱い    お問い合わせ
copyright (c)2007 OAG Certified Public Tax Accountant's Corporation