OAG税理士法人ロゴ
OAG税理士法人、太田孝昭の経営者を元気にする言葉シリーズ
SitemapEnglish

OAG
お客様専用ダイヤル 03-3237-7500
 
 
  コラム目次へ
「ちょっとした見える化」 <2011年6月号
 
     
 
エコ

この写真は我が事務所の空調機のスイッチの所に貼ってある電力消費量のメモの写真です。この写真を見たとたんに何故か嬉しくなってしまったんです。

OAGグループにおいて、兼ねてより「チャレンジ25」という環境省が主催している省エネキャンペーンに参加しているのですが、「省エネ」大事だよね、と思っていてもどれほどグループ全体で貢献していたのかが良く分からない状況でした。

しかし今月初め上記の写真の通り、メモが張り出されており、対前年比・5F・22.5%、3F・21.6%、の電力消費が削減されています。

東京電力の供給量からいうと15%削減できれば、この夏乗り切れると言っていましたから、22%削減は合格したことになります。そして現状のところそれ程不便を感じておりませんので、なんとか省電力ができるかなと、楽観的に考えています。

さて、本題の主旨はこのメモが私も含め、我が事務所の職員の省電力に対する「モチベーション」を無茶苦茶上げることに成功した事にあります。

ある目的=今回はこの省電力に向かい、「ちょっとした見える化」=メモ用紙がモチベーションを上げる事に大成功したという事なんです。

企業は人の集合体です。モチベーションを上手に上げる事が出来れば、様々な知識や工夫が生み出されます。企業が明るくなります。ピンチをチャンスに変える事も可能です。

「ちょっとした見える化」がそれに貢献した話でした。

なんだ、こんな小さな話しかないのと言われそうですが、1つが無ければ2つはありませんので、単純に良い話だと思い紹介しました。

 
 

 

OAG税理士法人 代表社員 税理士 太田 孝昭 著

※広報誌「春夏秋冬」掲載

 
 


▲このページのTOPへ
 

 
個人情報保護方針    個人情報の取扱い    お問い合わせ
copyright (c)2007 OAG Certified Public Tax Accountant's Corporation