OAG税理士法人ロゴ
経営者の腹のくくり方一つにかかっていると言われている気がします。
SitemapEnglish

OAG
お客様専用ダイヤル 03-3237-7500
 
 
  コラム目次へ
元気な経営を目指して
―腹をくくって―
<2009年12月号
 
     
 

 
過去は知る事が出来、分析することも出来ます。未来も予測することが可能であります。

しかし現在をいかに分析し現在をどう生きるかは千差万別の決定があり、千差万別の行動があります。その現在の行動こそが企業の将来を決定しその人の人生を決定することになります。

この誰でも知っている自明なことを何故出来ずに漫然と過ごすのか、そこに経営者としての腹のくくり方に問題があるのかも知れません。

最近読んだ本で「徹底のリーダーシップ」ラム・チャラン著があります。この本の解説をユニクロの柳井社長がしております。そこでは「悪い会社と良い会社でやっていることは表面上はほとんど一緒です。

やるべきことも一緒です。何が違うかと言えばどの程度までやるか、どの水準を目指すかそれだけです」「悪い会社はいい加減にやっていたり、やっているふりだけで終わっている。低い水準での成功で満足している。良い会社は徹底的にやり、それでも満足せずに全員でさらに上を目指している。

そういう違いがあります」 今、話題の柳井社長にこのように語られると何も反論出来ませんが、言っている事は「徹底的に行動せよ」「満足するな」と言っているだけです。

難しい事をやれとは言っておりません。逆説的に言わば誰でも出来る事だという事です。経営者の腹のくくり方一つにかかっていると言われている気がします。

人は火事場のバカ力というのが備わっているそうです。乾坤一擲な気持ちになれば何でも出来るという事でしょう。柳井さんを見習ってみませんか。企業の大小はあっても経営者の楽しさ苦しさは皆一緒です。

2009年も後わずか、来年こそは「行動」で結果を出しましょう。


 
 

 

OAG税理士法人 代表社員 税理士 太田 孝昭 著

※広報誌「春夏秋冬」掲載

 
 


コラム目次へ
 

 
個人情報保護方針    個人情報の取扱い    お問い合わせ
copyright (c)2007 OAG Certified Public Tax Accountant's Corporation