OAG税理士法人ロゴ
経営トップに恐怖心があったならば、避けられたリスク
SitemapEnglish

OAG
お客様専用ダイヤル 03-3237-7500
 
 
  コラム目次へ
元気な経営を目指して
― 良い恐怖心を持つ ―
<2007年12月号
 
     
 

会社というのは右肩上がりの成長をする会社なのか、右肩下がりのつぶれる会社なのか、どちらかに分かれるような気がします。

単に対前年が悪かったからどうこう言っている訳ではありません。

会社とは常につぶれる危険をはらみながら、日々、活動しているのだということです。

会社がつぶれるかもしれないという恐怖心を、全ての経営者ないし、経営幹部が持っているかというと、そんな実感は伝わってきません。

しかし、つぶれるかもしれないという恐怖心が経営者の根幹になければ、いずれ会社は破綻する運命にある気がします。

何も年がら年中心配して、暗くなれという意味ではありません。恐怖心が顔に出たら最悪です。会社を継続企業にしたい、後継者にバトンタッチしたいという気持ちがあるならば、この恐怖心を持つべきだということです。

最近、賞味期限問題で第2の雪印が出そうな気配があります。これらも経営トップに恐怖心があったならば、避けられたかもしれません。

恐怖心は人を傲慢にしません。
     人をクレバーにします。
     人に知恵を授けます。
     人に反省を促します。
     一致団結を促します。
     目標を持たせてくれます。
     夢を持たせてくれます。
     会社を明るくします。
     会社を元気にします。

なぜなら、そうすれば恐怖心を克服できるからです。

このように考えると、恐怖心という言葉は適切ではないかもしれません。危機管理とかリスクコントロールと言った方が適切かもしれません。しかし、あえて恐怖心と言っておきましょう。そして、これは極めて健全な精神状態であることから、「良い恐怖心」と言えるでしょう。

「良い恐怖心」を持っている人は、経営者としての資格がありそうです。そして、その人の会社はたくましく成長する気がします。

 
 

 

OAG税理士法人 代表社員 税理士 太田 孝昭 著

※経済界倶楽部発行「出会い」掲載

 
 


▲このページのTOPへ
 

 
個人情報保護方針    個人情報の取扱い    お問い合わせ
copyright (c)2007 OAG Certified Public Tax Accountant's Corporation