OAG税理士法人ロゴ
会社の発展と成長を本気で願っている社員は何人いるでしょうか?
SitemapEnglish

OAG
お客様専用ダイヤル 03-3237-7500
 
 
  コラム目次へ
元気な経営を目指して
― 十人十色 ―
<2007年7月号
 
     
 

最近、経営改善を行うためにアンケートを実施したところ、十人十色というか、百人百様の考え方があるのだと、改めて知らされました。

会社には人生観も目的も趣味や年齢も、さまざまな人間が働いているという事実に、驚きすら感じます。このようなばらばらな人格の人間を会社の共通目標に向かって動かすことなど、本当にできるのでしょうか。経営者が、自分で思い描くことを自分が動いて実行することは簡単です。

今回のアンケートの結果を見て、自分以外の人間が共同活動を行う、そんな会社の経営って本当に難しいのだなと実感させられました。

現実には会社はそこそこ何とか回っていて、日々社員は忙しく働いています。しかし、会社というものはいつ倒産してしまうかもしれないし、いつ時代の変化に付いていかれなくなってしまうのかも分かりません。

経営者である私自身も年を取りますし、社員全員が年を取っていく中で、いかに成長し発展し続けて行かれるのかと考えると、『社員全員が会社の発展を願い、成長し続けようと考える』ことができたら、それも実現できるのかもしれないと思えてきます。

ところで、このように会社の発展と成長を本気で願っている社員は何人いるのだろうかと考え、社員の顔を思い出してみると、やはり十人十色ですから、そんなに沢山の社員の顔が思い浮かぶわけではありません。

会社の問題は突き詰めるとこのことに行き付くのでしょう。

そして、十人十色の社員全員を一つの目標に向かわせるためには、まずはっきりとした経営理念を統一し、社員全員に浸透させること、そのためには、経営者自らが社員とのコミュニケーションの先頭に立つしか方法がないように思えます。

経営理念は社長が納得し、社員が納得し、社会から好感をもたれるものでなければなりません。

そして、経営理念を社員に納得させるには、経営者と幹部スタッフのコミュニケーション、さらには幹部スタッフを通しての部下へのコミュニケーション、これが大変重要な役割となってきます。
とても疲れることだとは思いますが、社長として、まずは第一の仕事なのでしょう。

 
 

 

(OAG税理士法人 代表社員 税理士 太田 孝昭 著)

※経済界倶楽部発行「出会い」掲載

 
 


▲このページのTOPへ
 

 
個人情報保護方針    個人情報の取扱い    お問い合わせ
copyright (c)2007 OAG Certified Public Tax Accountant's Corporation