OAG税理士法人ロゴ
小さな事から大きな事まで「思い込み」はとても怖いものなのだと思います。
SitemapEnglish

OAG
お客様専用ダイヤル 03-3237-7500
 
 
  コラム目次へ
元気な経営を目指して
― 思い込み ― 失敗の原因
<2007年4月号
 
     
  「思い込んだら命がけ」と言う言葉をよく耳にします。新規事業についても、事業を成功させた人の話を聞くと、多かれ少なかれ「こうだと思い込んで命がけでやってきました」と言われます。

「思い込んだら命がけ」と言う言葉は耳に心地よく響き、日本人の美的感覚に大変あっているように感じます。

例えばスポーツ界で言えばイチロー選手や松井選手のように、自分の好きな野球に対して、「思い込んだら命がけ」で突き進んでいる姿がだぶってきます。

しかし、イチロー選手や松井選手に実際はインタビューをしたことが無いので正直なところは分かりませんが、「思い込んで命がけ」でしたか?と問い掛けたら、「思い込む」って何ですか?と逆に問われてしまいそうです。

このピッチャーは直球しか投げてこない、などと「思い込んで」打っているとでも言うのでしょうか。そういうこともあるのかもしれませんが、来た球を全力で叩き返すことだけをやっているのであって、「思い込んでいる」のではないような気がします。

野球は3割打てれば大打者です。ここには「思い込み」も許される世界があるのかもしれませんが、我々のやっているビジネスの世界では打率3割ではやっていかれません。

良かれと思ったことの7割が外れてしまったら、とんでもないことなのです。

話がだいぶ脇道にそれましたが、「思い込み」という一件美しくも有り、実はとてつもなく大きな間違いを皆さんはおかしていませんか、と言いたいのです。

相手の言うことを最後まで聞きもしないで「思い込み」で判断し、お客様の考えていることも、部下の考えていることも、全て自分で勝手に決め付けて「思い込み」の中で判断する危険を指摘したかったのです。

お客様の声を聞いて商品を作るとか、サービスを作るというのは、「思い込み」の危険性に対する裏返しのような気がします。

小さな事から大きな事まで「思い込み」はとても怖いものなのだと思います。
そして皆さんも、こんな「思い込み」による失敗経験をお持ちではないでしょうか。

 
 

 

(OAG税理士法人 代表社員 税理士 太田 孝昭 著)

※経済界倶楽部発行「出会い」掲載

 
 


▲このページのTOPへ
 

 
個人情報保護方針    個人情報の取扱い    お問い合わせ
copyright (c)2007 OAG Certified Public Tax Accountant's Corporation