OAG税理士法人ロゴ
経営上の仕事とは「考える」ということ
SitemapEnglish

OAG
お客様専用ダイヤル 03-3237-7500
 
 
  コラム目次へ
元気な経営を目指して
― 考える ―
<2007年3月号
 
     
  仕事には、考える仕事と考えなくても出来る仕事があります。
日常的な業務は、ほとんど考えることをしなくとも済ませることが出来ます。

一日のうちで「考える」ということをするのはほんの数分で、後の圧倒的な時間は「どのように仕事を処理するのか」で、そこでは手も動かすし、体も動かすし、口も動かしているのだけれど、頭だけはお休みの状態で、なのに仕事はどんどん処理されているのだとつくづく思います。

考えることはとても疲れますし、「脳」はすぐに馬鹿になってしまい、考えているつもりでもなかなかそこにいいアイデアでもない限りは「空回り」している状態に陥ってしまいます。

また、「脳」は刺激が無ければ「ひらめき」を生まなくなりますし、「刺激」も人により何が刺激になるのかさえ分かりません。ゆったりした時間の中でも「脳」は活性化することもありますし、何かを見たり聞いたり、または本を読むことでも活性化することもあります。

ところで、私は決して「大脳」の仕組みを説明したいのではなく、経営上の仕事とは「考える」ということなのだと、体験的に言いたいのです。

しかも「考える」ということは多くの情報が無くてはできませんし、多くの情報に興味深く接していなければ出来ないのです。

経営をすることは、「どうしたら上手くいくか」、「どうしたら新しいマーケットが開拓できるのか」、「どうしたら従業員が活き活きと働くことが出来るのか」、「どうしたら、」、「どうしたら、」、という疑問の中にあり、その解決方法も「考えること」によってのみ与えられるものなのです。

しかも、すべてにおいて将来に向かって手を打っていくのですから、失敗や思い違いはほとんど日常的に起こります。そしてこの失敗を糧にして、さらに「どうして、」、「どうして、」と考えることが経営なのかなと思っています。

さて、あなたの会社の中には、あなたを含めて「どうして、」、「どうして、」と考えている人が何人いますか? 考えている人が多い会社は強いですよね。

では、考えることの出来る人を多く作るにはどうしたらいいのでしょう?
答えは私にもわかりません。
考えてみませんか。

 
 

 

(OAG税理士法人 代表社員 税理士 太田 孝昭 著)

※経済界倶楽部発行「出会い」掲載

 
 


▲このページのTOPへ
 

 
個人情報保護方針    個人情報の取扱い    お問い合わせ
copyright (c)2007 OAG Certified Public Tax Accountant's Corporation