OAG税理士法人ロゴ
組織再編税制においては、のれんなどの取扱いについて誤解が生じやすくなっています。
SitemapEnglish

OAG
お客様専用ダイヤル 03-3237-7500
  書籍一覧へ
 
     
 
のれん・ソフトウェア・研究開発費 のれん・ソフトウェア・研究開発費

定価:2,900円+税
出版社:中央経済社
発行:2012/1
ご購入はこちら

研究開発促進税制は、税制上の直接的な効果だけでなく、受託研究費等の増加といった間接的な効果もあり、国際競争力の観点からも、さらなる税制優遇措置の検討や実施が期待されます。

また、研究開発で蓄積した技術やブランド力などの無形資産は、資源の乏しいわが国にとって重要度が高く、その処理について議論されるケースが増加しつつあります。さらに、組織再編税制においては、のれんなどの取扱いについて誤解が生じやすくなっています。

本書は、実務担当者や国税当局で税務調査や審理にあたられた方々から、のれんやソフトウェア、研究開発費について問題となりやすい点や実務上の留意事項について情報を収集し、質疑応答の形式でまとめました。
 
     
  目次  
 
 
 
第1章
1 研究開発税制の概要と計算方法
    Q1  研究開発税制の種類と重複適用の可否
    Q2  試験研究費の総額に係る法人税額の特別控除(総額型)の
       計算方法
    Q3  試験研究費が増加した場合の法人税額の特別控除の計算方法
    Q4  試験研究費が売上金額に対して高水準である場合の法人税額
       の特別控除の計算方法
    Q5  特別試験研究に係る税額控除制度の計算方法
    Q6  中小企業技術基盤強化税制の計算方法
    Q7  繰越税額控除限度超過額等の繰越控除制度
 
2 試験研究費の定義
    Q8  研究開発費との違いと試験研究費の集計方法
    Q9  試験研究費の税額控除と損金経理要件
    Q10  試験研究費と除去損・譲渡損
    Q11  国庫補助金と試験研究費
    Q12  試験研究費に含まれる人件費の範囲
       
第2章
1 ソフトウェアを取得した場合の取扱い
    Q13  ソフトウェアの範囲とコンテンツとの区分
    Q14  機器組込みソフトウェアの取扱い
    Q15  他社から購入したソフトウェアに係る税務調査
    Q16  ソフトウェア購入資金に係る借入金の利子
    Q17  ソフトウェアの導入費用
    Q18  ホームページ制作に係るプログラム作成費用
    Q19  ソフトウェアの値引き
    Q20  ソフトウェアの開発を行う役員の報酬
    Q21  ソフトウェアの仕損費用
    Q22  自社利用ソフトウェアの研究開発費
    Q23  ソフトウェアのバージョンアップ費用等と小額資産の判定
    Q24  ソフトウェアの開発請負と工事進行基準の適用
 
2 ソフトウェアを取得した後の取扱い
    Q25  ソフトウェアの償却に係る会計上と税務上の差異
    Q26  自社利用ソフトウェアの除却
       
3 消費税の取扱い
    Q27  海外からのソフトウェアの借入れ
    Q28  簡易課税制度における事業区分
       
第3章
1 合併等
    Q29  のれんとは何か
    Q30  のれんの取得価格
    Q31  寄付金とみなされる交付資産
    Q32  資産等超過差額
    Q33  付随費用
       
2 事業譲受・事業譲渡
    Q34  のれん内訳
    Q35  資産譲渡との違い
    Q36  売却
       
3 連結納税
    Q37  連結納税・自己創設営業権の償却
 
4 減価償却・評価損・取消し
    Q38  未償却残高
    Q39  会計処理との乖離
    Q40  評価損
       
5 株式交換等
    Q41  株式交換
       
6 税務上の評価額
    Q42  相続税評価
    Q43  資産調整勘定がある場合の相続税の株価
       
第4章 無形固定資産
1 定義・概要
    Q44  無形資産の会計上と法人税上の相違点
       
2 無形減価償却資産
    Q45  商標権の取得
    Q46  組織再編による商標権の取得
    Q47  商標権の除却又は評価損
    Q48  特許権の取得価格・減価償却
    Q49  特許権の評価損
    Q50  鉱業件
    Q51  温泉利用券
 
3 無形非減価償却資産
    Q52  電話加入権
    Q53  温室効果ガス排出量規制
       
第5章 繰延資産
1 定義・概要
    Q54  繰延資産とは何か
       
2 会計上の繰延資産との相違点
    Q55  創立費・開業費
    Q56  任意償却
    Q57  開発費
    Q58  株式交付日
    Q59  社債発行費等
    Q60  社債発行費等償却
    Q61  新株予約権発行費
    Q62  合併した場合の繰延資産
       
3 法人税法特有の繰延資産
    Q63  共同的施設
    Q64  公共的施設
    Q65  水道負担金
    Q66  建設協力金
    Q67  権利金の償却
    Q68  他人への資本的支出
    Q69  広告宣伝車両
       
4 特殊なケース
    Q70  営業権ではない可能性がある権利
    Q71  ドメインの資産区分 
    Q72  保証料
    Q73  エージェントフィー
    Q74  臨時巨額の損失
    Q75  加盟金
   

Q76

 クロスライセンス
 


 
 


ご購入はこちら
 

 
個人情報保護方針    個人情報の取扱い   お問い合わせ
copyright (c)2007 OAG Certified Public Tax Accountant's Corporation